2007年10月22日

メタボリックシンドロームの方に朗報です!!

皆様は、『高脂血症』をご存知ですか?

『高脂血症』とは、「血液中に溶けている「脂質(コレステロール等)の量が異常に増えている状態」であり、今話題の病態である「メタボリックシンドローム」が原因で発症してしまう病気の一つです。


『高脂血症』には、
 総コレステロールが高い                …「高コレステロール血症」
 悪玉コレステロールとよばれるLDLコレステロールが高い…「高LDLコレステロール血症」
 善玉コレステロールであるHDLコレステロールが低い  …「低HDLコレステロール血症」
 トリグリセリド(中性脂肪)が高い           …「高トリグリセリド血症」
上記の4種類があります。

診断基準は、
 高コレステロール血症    …総コレステロール≧220mg/dL
 高LDLコレステロール血症 …LDLコレステロール≧140mg/dL
 低HDLコレステロール血症 …HDLコレステロール<40mg/dL
 高トリグリセリド血症    …トリグリセリド≧150mg/dL
となります。

『高脂血症』の原因は、食べ過ぎ等による過剰な「脂質」の摂取、また、運動不足などにより血液中の「脂質」が多い為と言われています。
では、「脂質(コレステロール等)」は、一体どんな物質なのかというと、「脂質(コレステロール等)は、細胞膜やホルモン等を作る材料」です。
「脂質」は、肝臓・腎臓・副腎等いろいろな組織にあり、『高脂血症』の原因として悪者扱いされる事がありますが、生命活動を行う上では、無くてはならない大切な物質です。
そのため、「脂質(コレステロール等)」は、食物からの摂取だけではなく、主に肝臓でつくられ、血流に乗って、全身に運ばれます。
血流に乗って、全身に脂質(コレステロール等)を運ぶ働きをしているのがリポタンパクと呼ばせる物質で、2種類あります。

その2種類とは、
LDL(悪玉コレステロール)…身体の各細胞にコレステロールを運ぶ
HDL(善玉コレステロール)…余分なコレステロールを肝臓に運ぶ
です。

『高脂血症』の原因は、悪玉コレステロールであるLDLと思っている方も多いかも知れませんが、一概にそうとは言えず、大事なのは、LDLと、HDLのバランスです。
LDLが多すぎたり、HDLが少なすぎたりすると、脂質のバランスが崩れ、血液中あるいは血管壁のコレステロールが増加します。
血液中のコレステロール値が高い状態が長く続くと、血管の内側に余分なコレステロールが侵入し、血管を硬くし、血管の中を狭くしてしまいます。
これを「動脈硬化」といい、「動脈硬化」は、「脳梗塞」や「狭心症」、「心筋梗塞」等を引き起こす原因になりえるのです。
これを防ぐには、どうしたらよいか?
それには、日頃から、「コレステロール値」を正常範囲内に維持できるように、食生活や生活習慣を改善することが大事ですが、また、体内に過剰にある「コレステロール」を減らす事も必要ではないでしょうか?

体内にあるコレステロールを原料にして、肝臓では、ある物質を作り出します。
肝臓が作り出す物質は、胆汁酸です。

胆汁酸は、体内において、常に一定の量が必要なので、使用済みの胆汁酸でも体外に排出されるのではなく、十二指腸で、再吸収されます。

しかし、ある天然物由来の物質は、十二指腸での胆汁酸の再吸収を妨げてくれます。
その胆汁酸の再吸収を妨げてくれる物質が、「キチンキトサン」です。

「キチン・キトサン」は、十二指腸での胆汁酸の再吸収を妨げてくれます。

再吸収が妨げられると、体内から胆汁酸が排出されてしまうので、自然と体内の胆汁酸の量が減ります。

すると、肝臓は、胆汁酸を一定の量に戻そうとして、血中のコレステロールを使用し、胆汁酸を作ります。

すると、体内の余分なコレステロールが胆汁酸の原料になるので、結果的に血中のコレステロール値が低下すると、考えられています。

また、脂肪の吸収に必要な酵素の働きも防ぐ為、脂肪の体内吸収も抑える。
イコール、血中の中性脂肪(トリグリセリド)は、低下すると言われています。

肝臓が「コレステロール」を使って、作り出した『胆汁酸』の十二指腸での再吸収の阻害だけではなく、「キチンキトサン」は、“肥満症”の一因でもある、食事から過剰摂取した脂肪分を、体内で吸着して、体外に排出する働きがあるので、無理なく脂肪分をカットできます。
脂肪の排出以外にも、「キチン・キトサン」は、血圧の上昇に関係する因子の働きを阻害する事が、各種マウス実験等で、その作用が判明しているので高血圧、高コレステロールが気になる方には、オススメの成分です。

また、イカの軟骨から精製された物『ベータ型キチンキトサン』は、カニやエビの甲羅が原料の『アルファ型キチンキトサン』よりも、活性度が高く、生体への吸収性・親和性(馴染みやすさ)が優れていると言われています。

どうせ使うなら、吸収や身体に馴染みやすい「ベータ型キチンキトサン」が良いと思いませんか?
zeroは、自分自身が使うなら、「ベータ型キチンキトサン」を使いたいと思います。

ベータ型キチンキトサンなら、コレが、比較的安く、かつ100%ベータ型キチンキトサンを使用してるみたいです。

posted by zero at 13:03| 奈良 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 【補完代替医療】的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
物理的に脂肪を溶かしてしまうことにより、食べても痩せる脂肪溶解。脂肪吸引より安く体に負担もありません。
Posted by 食べても痩せる、脂肪溶解 at 2007年10月25日 07:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61893054

この記事へのトラックバック
タグクラウド