2013年09月11日

柊サナカさんの「婚活島戦記」を読んだよ。

IT時代の寵児が募集した結婚相手。

その結婚相手になるために、高い倍率を乗り越えた元闇世界の格闘家、アマガキの話。

よくあるバトルロワイヤルものですが、目的は、結婚するため。

企画したのは、IT時代の寵児と話題の人物。

話題の人物の結婚相手になりたい理由は、人それぞれだが、目的はただひとつ。


面白かったけど、話の筋が単調でした。

どこかで読んだような設定。
どこかで見たような登場キャラ。

女性同士の争いなので、もっとドロドロとした陰湿な策略があってもよかったかも。

バトルモノが好きな人にオススメしたいけど、多数バトルモノ読んでるヒトには、モノ足りないかも?


ただ、主人公の「二毛作 甘柿」の名前が印象的だった。

柿は二毛作できたっけ?
思わず、ググッてしまいましたよ。


この作品、2013年『このミステリーがすごい! 』大賞の隠し玉らしいのですが、読み終わったああと、「ミステリーだったかな?」そんな印象です。


もうちょっと、登場人物のバックグラウンドを掘り下げて、感情移入できるようになれば、面白くなるかも?

posted by zero at 12:27| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 【書籍の感想】的な何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひと昔前だったら人気だったかも

柊サナカさんの「婚活島戦記」が出ましたね〜。
お約束な展開なんだけど、気づくと最後まで読み進めてしまいました。
皆さん言われてるように、主人公のアマガキがとっても魅力的〜

birthday-energy.co.jp/
ってサイトは柊サナカさんの本質にまで踏み込んでましたよ。今が旬の人なんだそうです。今後どうなるかな?
Posted by オランジュリー at 2013年10月15日 00:43
オランジュリー さん

教えていただいたサイト、拝見しました。

今後、どうなるか、楽しみですねー。
大きく化けてくれるのを、楽しみに待ちましょう!!
Posted by at 2013年12月26日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
タグクラウド